チイキヅクリノート

これからの地域づくりを考えるブログ

地域の魅力発信に取り組む団体まとめ

「面白い仕事をしたいから都会に行く」、「地方には仕事がない」などとよく言われてきました。しかし、地域の魅力が再認識され、仕事に対する価値観も変わってきているなかで、地元を盛り上げたい!地域で自分のスキルを活かして働きたい!などと考える人が増

 えています。一方で、「地域の人が必要だと思っていること」と「地域で何かしたいと思っている人」とのニーズにズレがあるように思います。そんな両者を結ぶパイプ役として、地域に拠点を持ち、移住や雇用の促進、場づくり、情報発信などを通して地域の魅力を発信している団体を紹介します。

 

福岡移住計画

f:id:townkitchen:20150228011202p:plain

続きを読む

狂犬ツアー@立川に参加してきました

狂犬ツアー@立川に参加してきました。

札幌、鹿児島、金沢に続き、東京の立川で開催とのこと。

行政、NPO、オーナー、民間など、当日は100名ほどの参加者。

講師は木下斉さん。歯に衣着せぬ爽快なお話でした。

 

f:id:townkitchen:20150709160404j:plain

 

木下さんの話で、印象的だった点をいくつか。

 

過去の経験が無効化される逆転トレンド

現在、人口縮小が進んでいるにも関わらず、多くのまちづくりでは、過去の成功体験に縛られて、拡大トレンドでの手法をやってしまっている、ということでした。

木下さん曰く、人口が増えたり、減ったりすること自体が問題ではない。

増えたり、減ったりするタイミングに、それに適した政策をとれているかどうか。

これまで日本が経験していない人口縮小時代に、どのような戦略を取るかが問われているようです。

 

 

霞ヶ関に行かず、銀行に行け

ようは稼ぐ事業をやりなさいってこと。

まちづくりは公益性が高い事業なので税金を入れて当たり前、みたいな古い発想は捨てて、自分たちで持続可能な事業としてまちづくりに取り組もうということです。

実際、事業をはじめる地点で、その発想に立つと立たないでは、要所要所での意思決定が大きく変わってきます。

言うは易し、ではありますが、まちづくりをやりたければ銀行に行けというのは大事なスタンスの取り方なんだと思います。

 

 

まちづくりは、不動産オーナーと手を組む

まちづくりといえば、行政の仕事かと思われがちですが、まちづくりの一番のステークホルダーは不動産を持つオーナー。まちの衰退は、自分の不動産価値下落に直撃するため、最も本気でコミットしているまちのプレーヤーとも言えます。

 

一方、行政の都市計画は、本来は最前線での営業マンとして税収を確保していくかを主眼におくべきなのに、残念ながら福祉や医療などの他の行政サービスと同じように立ち振舞っているところが多いと、木下さんは言います。 

まちづくりは、時代を読めるセンスのいい不動産オーナーとタッグを組むのが一番理にかなっているのかもしれません。

 

創業に必要なのは、創業者を守り立てる存在「エンタープライズ・ファシリテーター」

記事のご紹介を。

logmi.jp

 

「助けを求めていない人は放っておけ。まずは、リスペクトから。」

続きを読む

今後も増え続ける「廃校」の可能性まとめ

学校の廃校数に関する具体的な数字が出ています。

2014年に文部科学省が発表した「廃校施設活用状況実態調査」によると、2013年度に廃校になった公立学校数は482校(小346校、中104校、高32校)でした。2002年度からの12年間では5801校(小3788校、中1089校、高924校)が廃校になっています。廃校になる理由は校舎等の施設の老朽化や少子化による統廃合が主な理由だと考えられます。

 

氷見市庁舎(富山県氷見市)

f:id:townkitchen:20150227225636j:plain

続きを読む

市民参加のまちづくり事例のまとめ

これまでのまちづくりは行政や企業が主導することが多かったのですが、市民が中心となって地域の課題に向き合い、対話をし、主体的に関わっていこうとする動きが増えてきています。そこで今回は市民参加型のまちづくり事例をご紹介します。

 

市民活動を支援

住民創発プロジェクト(神奈川県横浜市、東急電鉄)

 

f:id:townkitchen:20150310144800g:plain

(画像引用元:次世代郊外まちづくり

続きを読む

圧倒的弱者な創業者が大事にしたい戦略

 先日読んだ記事↓

孫正義「なぜ私が創業2年間は一切営業活動をしなかったのか。一生懸命働くのではなく、”一所懸命”に働け。」|リーディング&カンパニー株式会社

キャッチーなコピーで「おお!」と思い、読み進めていったところ、中心として書かれていたのはランチェスター戦略のことでした。

このランチェスター戦略というのは、弱者が勝つ戦略。
創業するときの圧倒的不利な状況の中、市場競争で生きて行くための術として、知っておいて損はありません。

 

f:id:townkitchen:20150612125922j:plain

(画像引用元:wikipedia)

続きを読む

地域活性化に役立ちそうなwebサービスまとめ

 人口減少が課題とされる現在、観光客や地域への滞在者といった交流人口を拡大させることで、人口減少による影響を緩和し、地域活性化しようとする動きがあります。訪れる先として東京などの大都市ではなく、地域を選んでもらうにはその地域での「特別な体験」を提供できるかどうかが重要になってくると思います。

地域には空き家、美味しい食材、伝統文化、自然などがたくさんありますが、うまく活用できていないことが多いのではないでしょうか。そこで、地域資源を交流促進や空き家活用の観点から活用できそうなwebサービスを紹介します。

  

Airbnb [エアビーアンドビー]

f:id:townkitchen:20150223114851p:plain

続きを読む

キーワードは複合化と多機能化!これからの公共施設まとめ

人口減少により税収減少が予想されるなか、行政は今までのように複数の公共施設を維持できなくなると考えられています。一方で、労働人口の減少、高齢者の増加などにより住民が公共施設に求めることも変わってきています。

これらを解決するためのキーワードの一つに公共施設の「複合化・多機能化」という手法が考えられます。

続きを読む

神山から学ぶ創造的過疎のつくり方 その3

 神山でのセミナーでは多くの学びがありました。その中で特に印象的だったフレーズをご紹介します。

f:id:townkitchen:20150521190210j:plain

続きを読む

神山から学ぶ創造的過疎のつくり方 その2

先月につづき神山視察ツアーのレポート。
グリーンバレーの大南さんの講演のあと、神山の有名スポットをぐるっと巡りました。
その中でいくつかご紹介。

 

えんがわオフィス

f:id:townkitchen:20150508150926j:plain

続きを読む

神山から学ぶ創造的過疎のつくり方 その1

3月下旬に徳島県神山の視察セミナーに参加してきました。
神山といえば、地域再生で一躍有名になり、今や全国から視察の耐えない地域。多いときは100名を超えるそうです。セミナー当日も北海道、岩手、東京、福井、奈良、広島、高知と全国からたくさんの人が来られてました。

講師は、仕掛人であるNPO法人グリーンバレーの大南さん。人口約6000人の山間の田舎町が、どのようにしてITベンチャーの移転ラッシュが続く創造的過疎をつくりあげたのか。その成功のコツを聞いてきました。 

f:id:townkitchen:20150508150756j:plain

続きを読む

創業する前に知っておきたい「共同創業者の見つけ方、付き合い方、別れ方」

創業する前に知っておきたい、非常に参考になるスライドをご紹介します。

www.slideshare.net

続きを読む

ありそうでなかった「キッチン・インキュベーター」

フードビジネスに特化したユニークな起業支援が

ニューヨークのブルックリンで広がっています。
自宅キッチンからお店を出すまでの架け橋となり、
新しい食品ブランドの立ち上げを応援するキッチン・インキュベーター

 


(動画引用元:NYビジネス最前線:キッチン・インキュベーターとは? - YouTube

続きを読む

個性的な古民家活用事例まとめ

古民家と聞くとどのようなイメージをしますか?

木の家、木枠の窓、縁側など昔ながらのその佇まいはとても魅力的ですが、長い間かけて建物に残してきた歴史や住んできた人たちの思いが詰まっている場所であるということも忘れてはなりません。空き家になる古民家が増えていますが、魅力ある古民家を残していきたいという活動も増えてきています。

今回は古民家活用の参考になるような事例をご紹介したいと思います。

 

f:id:townkitchen:20150309131832p:plain

続きを読む

富山市のシビックプライドキャンペーン

f:id:townkitchen:20150228033051j:plain

 (画像引用元:共同通信PRワイヤー

 

今後の日本が直面する問題である人口減少。この問題に向き合うために「交流人口を増やす」、「定住人口を増やす」必要がありますが、各自治体はさまざまなアプローチでこれに取り組んでいます。なかでも、訪れる・定住する場所として選ばれるために必要とされている”シビックプライド”という考えに今回は注目してみます。

続きを読む